「国際山岳看護師(DiMM取得)への道」サポート講習会

DiMM(Diploma in Mountain Medicine)を取得するためには、
日本登山医学会に入会後、DiMM認定制度にエントリーをして、年間8回開催されるプログラム(座学・演習・検定)を修了し全て合格しなければなりません。
そのプログラムはエントリーしてから5年以内に修了することが義務づけられています。

このプログラムを受けるためには、登山中級者レベル以上の年間(無雪期・積雪期)を通した登山技術と知識が必須となります。
その登山技術と知識を身に付けるためのサポートとして、当事務所で講習会を企画開催させていただいております。

*現在、コロナ感染拡大防止対策のため、人同士が密接することになる講習会は延期とさせていただいております。
*その他、トピックス毎に各種講習会を開催する予定です。

       

【 サポート講習会の概要】

①受講対象者 ②講習の概要 ③講習会日数 ④開催時季 ⑤開催場所

1) 基本登山技術講習会「入門編」
① フリー(誰でも受講可能です)
② 登山の基礎全般(座学・歩き方・登山中に使うロープ技術・地図読み基礎・ツエルト設営など)
③ 1泊2日
④ 春2回・秋2回
⑤ 丹沢(山岳スポーツセンター)

2) 基本登山技術講習会「初級編」 
① 1)修了者
② 登山基礎の山での実践(地図読み実践・ビバーク術・ロープワーク実践・危急時対応の基礎)
③ 1泊2日
④ 6月2回・10月2回
⑤ 八ヶ岳

3) 基本登山技術講習会「中級編」  *今後実施予定
① 2)修了者
② 山のリスクマネジメント、セルフレスキュー、危急時対応(山の救急法)
③ 1泊2日
④ 年2回
⑤ 未定

4) ナビゲーション(地図読み)
① フリー(誰でも受講可能ですが、2)を修了している事を推奨します)
② 地形読み、道迷い対策、登山道以外を歩く
③ 日帰り
④ 年間4回
⑤ 丹沢・その他

5)ロープワーク基礎
① フリー (誰でも受講可能ですが、2)を修了している事を推奨します)
② クライミング装備、ロープワーク、ロープシステム(引き上げ等)
③ 日帰り
④ 年間4回
⑤ 丹沢・その他

6)クライミング基礎  *今後実施予定
①  5)修了者
② クライミング実践(トップロープ、懸垂下降、マルチピッチ)
③ 日帰り
④ 年2回
⑤ 外岩 or 室内クライミング場

7)雪山登山「はじめの一歩」 
① フリー(誰でも受講可能です)
② 雪山登山の基礎、アイゼン&ピッケルワーク、滑落停止
③ 日帰り
④ 1月・2月(・3月)
⑤ 谷川岳周辺・千畳敷

8)雪山リスクマネジメント「雪崩編」
① 7)修了者および雪山経験者
② 雪崩対策、弱層テスト、ビーコン捜索、掘り出し
③ 日帰り
④ 1月・2月(・3月)
⑤ 谷川岳周辺・千畳敷

9)雪山リスクマネジメント「応用編」 *今後実施予定
① 8)修了者および雪山経験者
② 雪山の危険地帯の通過の仕方・確保の仕方、雪崩救助セルフレスキュー
③ 日帰り
④ シーズン中1~3回
⑤ 未定

10) 夏山合宿(DiMM事前講習会) 
① DiMMエントリー中の方 または 1)~9)修了者
② 夏季登山技術、クライミング技術、沢登り技術
③ 1泊2日
④ 6月
⑤ 未定

11)冬山合宿(DiMM事前講習会) 
① DiMMエントリー中の方 または 1)~10)修了者(要:雪山登山経験者)
② アイスクライミング、冬季登攀技術、ビーコン捜索
③ 1泊2日
④ 1月
⑤ 八ヶ岳


     

★DiMM検定では、上記の講習会を全て受ければ自動的に合格するわけではありません。
体力テストや登山の総合力も求められますので、サポート講習会以外にも登山ガイドプラン等で私(小林美智子)と登山をしながら能力を高めていきましょう。

募集申込については、随時ホームページに掲載いたします。
募集開始時に連絡メールが欲しい方は、下記お問合せよりその旨ご連絡ください。
(既にご案内メールが届いている方は、新たに連絡する必要はございません。)
例.「DiMM講習会の募集開始時にメールが欲しい」

お問い合わせは、コチラをクリックしてください。